Safety & Reliability

​~安全・安心を真心込めて~

少子高齢化問題が日本で言われ始めたのは30年ほど前の事。
1994年12月には日本初の少子化対策「今後の子育て支援のための施策の基本的方向について」(俗称「エンゼルプラン」)が当時の文部・厚生・労働・建設の4省大臣の合意により策定されました。
毎年整備される認可保育園をはじめ、認定こども園や企業主導型保育等新たな子育て支援業態の誕生により、一時は大きな社会問題とされていた待機児童問題はようやく解消されつつあります。


この様な時代の流れの中で次に意識すべき問題は、『保育事業=多額の補助金で守られた安定的な事業』という図式の”崩壊の可能性”ではないでしょうか?
保育園整備の大きな意義は、<女性が社会に進出しやすくなる⇒日本の経済力が維持される>事だと思います。
なぜそうしなければいけないのか?それは『女性が社会進出する事が世界的な常識だから』という理由もありますが、日本においては『止まらぬ少子化の流れによる将来的な労働人口の減少を補う』目的があるからです。
確かに保育所整備により女性の社会進出は確実にし易くなってきましたが、少子化の流れはまるで止まっておりません。
2017年に初めて日本の年間出生数が100万人を切り、昨年はいよいよ約87万人まで落ち込んでおります。
この少子化の流れが止まらないとすると、ここ何年にもわたって多額の公費を投じ整備を進めてきた『安定的な事業』である保育事業にも『生き残りをかけた競争』の時代がやってくると思います。
その中で競争に打ち勝つ(すなわち利用者に評価される)ために保育事業者が強く意識すべきは「家庭になりかわり安心して子育てできる保育環境作り」にあると私は考えます。
すなわちこれからは「帳尻合わせの新設保育園の整備」の時代から、根本的な「保育の質」が求められるのです。
「安全安心」に子育てができる保育環境作り、これが実現する事により『利用者様から選ばれる』保育園となるのです。
保育園へ安心してこどもを預けられる事により女性が更に社会へ進出しやすくなると、各家庭においては家計が潤い、これは少子化の流れが食い止められるひとつの要素にもなると思います。

 

そして弊社は、幼稚園や保育園といった子育て支援事業者様や一般家庭の親御様および子育てにかかわる全ての方々に対し「安全安心な環境づくりに貢献する事により微力ながらも少子化問題解消に貢献したい」この様な想いから誕生致しました。
安心安全な保育用品や防災・防犯用品の事、屋内外遊具の事、…etc、子育てにおいて求められるキーワードは『安心安全』。
弊社はそんな子育て環境実現のために「Safety & Reliability (安全安心)」な商品・サービスを提供する保育総合商社です。
今後の私たちにどうかご期待下さい。

会社概要

【名 称】

GROWITH株式会社 (GROWITH, Inc.)

【代表取締役】

深澤 孝

【創  業】

平成26年2月4日

【本 社】

〒261-0011

千葉県千葉市美浜区真砂1-11-17-505

E-mail:f.takashi721@gmail.com

【取 行】

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、千葉銀行

【事  概 要】

・子育て支援施設、福祉施設

及び一般家庭向け物品販売

・子育て支援施設、福祉施設等の

・新規開業開発サポート

・オリジナル商品の企画 開発 製作

・上記にかかわる全ての事業

 

【WEBサイト】

ほっと安心帽:https://www.hotto-anshinbou.com

【ECサイト】

​すくすく市場:https://suku2ichiba.thebase.in/

全国展開する物品販売会社にて培った店舗開発スキルを活かし、保育事業運営会社業界最大手(東証一部上場会社)において新規直営施設開発責任者を歴任。認可保育所・東京都認証保育園等を大都市部を中心に開発し、児童館・学童保育等公的な子育て支援施設の指定管理者受託業務も担当する。

その後、ブライダルプロデュース会社(東証一部上場)にて新規直営店舗開発業務を担当、平成25年10月に退職し、翌年当社を設立。現在に至る。

日本大学 建築学科卒業 静岡県三島市出身    

◇日本グッド・トイ委員会認定 木育インストラクター

◇宅地建物建物取引士